スタートページに設定|お気に入りに追加
Amada
Fanuc
Trumpf
Bystronic
NTC
Mitsubishi
TANAKA
JFMI
Precitec
Primas
consumables for fiber laser
AMADA Second-Hand Machine
贸易通在线洽?></a>                          </td>                        </tr>                        <tr>                          <td width=阿里巴巴诚信通档?></a>                          </td>                        </tr>                      </table>                    </td>                  </tr>                  <tr>                    <td width=
現在位置e:ホーミ/a>  >>技術支揳/a> >> レーザーの技術は金属で加工する業界での応
レーザーの技術は金属で加工する業界での応?/b>
网络转摘      [2009-8-6]
レーザーは単色性、関係がある性と平行する性三大特徴を持つため、特に材料の加工に適用します。レーザー加工はレーザーの応用が最も発展の前途の領域があるので、今すで?0の多種のレーザーの加工技術を開発しました。レーザーの空間のコントロール性と時間コントロール性はとても良くて、加工の対象の材質、形、寸法とに対して環境の自由度(度合)を加工するのはすべてとても大きくて、特にオートメーション化の加工に適用します。レーザー加工システムはコンピュータのデジタル制御の技術と互いに結合して高い効率のオートメーション化の加工設備を構成することができて、すでに企業の適切な時期の生産を実行する肝心な技術になって、優良品質、高い効率とローコストの加工のために生産して広大な将来性を切り開きました。現在すでに熟したレーザーの加工技術は含みます:レーザーは急速に一定の形を備える技術、レーザーの溶接技術、レーザーは孔技術、レーザーの切断技術、レーザーを打って表示する技術、レーザーを打って重い平衡の技術、レーザーの腐食銅版の技術、レーザーの微調整する技術、レーザーの記憶技術、レーザーに行って線を引いて技術、レーザー技術、レーザーの熱処理と表面の処理の技術をきれいに洗います、/DIV>
レーザーは急速に一定の形を備える技術の集めてなったレーザーの技術、CAD/CAMの技術と材料の技術の最新の成果です、部品CAD模型によって、光束の感光性の重合の材料をたきつけますでひとつの階の固体化を追って、精確にサンプルを積み上げて、鋳型とバイトがいらないですぐ急速に精確に形の複雑な部品を造ることができて、この技術はすでに航?#12539;宇宙、電子、自動車などの工業の領域で広範な応用を得ました、/DIV>
レーザーの切断技術は広範に非と金属の材料の加工の中で金属に応用して、大いに加工時間を減らすことができて、下がることはコストを加工して、部品の品質を高めます。パルスのレーザーは金属の材料に適用して、連続してレーザーは非金属の材料に適用して、後者はレーザーの切断技術の重要な応用の領域です。近代的なレーザーは人々になって追求の“鋭利です”の“りっぱな剣”を空想しました、/DIV>
レーザーの溶接技術は持って池の浄化の効果に溶けて、清浄な溶接の継ぎ目金属、と違い同じことの金属の材料の間の溶接に適用します。レーザー溶接のエネルギーの密度は高くて、高熔点に対して、高い反射率、高い熱伝導率と物理の特性の違いがとても大きい金属の溶接がとても有利です。レーザー溶接、金属を切断しますに比べてで時に仕事率のより小さいのは光束をたきつけて、材料を溶けてその気化を使用させません、冷却した後でひとつの連続した固体の構造になります。レーザーの工業の領域の中の応用は制限と欠点があったので、たとえばレーザーで食品とベニヤ板を切断して成功しないで、食品の切って割られる同時にも焼かれて燃やして、ベニヤ板を切断するのが経済の上で更に遠いです、/DIV>
レーザーが孔技術を殴るのが精度を持ちます高いです、通用性が強いです、効率が高いです、コストが低くてと総合的技術の経済効果が著しいです美点、すでに現代領域を造る肝心な技術の1つになりました。レーザーの出現の前に、硬度のわりに大きい物質を使って硬度のより小さい物質の上で孔を打つことしかできません。このように硬度の最大の金剛の石上で孔を打って、きわめて困難な事になった。レーザーが現れた後に、この種類の操作は速くて安全です。しかし、レーザーのあける孔是円の錐体形の、機械の穴をあける円柱の形ではありませんて、これは一部の地方でとても便利ではありません、/DIV>
レーザーは技術のなことを表示するレーザー加工の最大の応用の領域の1つを打ちます。レーザーが標識を打つのは高能量の密度のレーザーを利用して部品に対して局部を行って照射するので、表層の材料の気化あるいは色の変化が発生する化学反応を使用して、それによって耐久度のタグのを残し?種が打って方法を表示します。レーザーは標識を打って各種の文字、記号と図案などを打ち出すことができて、キャラクターの大きさはミリメートルからミクロンまで(?級を量ることができて、これは製品の偽物防止に対して特殊な意義があります。分子のレーザーを許可するのは標識を打ちますここ数年来発展する一つの新技術で、特に金属に適用して標識を打って、亜ミクロンが標識を打つことを実現することができて、すでに広範に小さい電子工業とバイオロジカルエンジニアリングに用いました、/DIV>
レーザーが重い平衡の技術に行くのはレーザーで回転する部品の上で高速の不釣り合いな重量が超過する部分を取り除くので、慣性の軸と回転軸を重なり合わせて、動つりあいの過程を達成します。レーザーは重い平衡の技術に行って持って重さの両の大きい機能に測量して行って、同時に不釣り合いな測量と矯正を行うことができて、効率は大いに高まって、こまの製造の領域に広大な将来の実用価値があります。高い精度の回転子について、レーザーの動つりあいは倍に平衡の精度を高めることができて、その品質のえこひいきする値の平衡の精度は1%あるいは千分の数(?ミクロンに達することができます、/DIV>
レーザーの腐食銅版の技術は伝統の化学の腐食銅版の技術に比べて簡単に、生産コストに大幅に下がることができて?.125?1ミクロンの広い線を加工することができて、たいへん大規模集積回路の製造を超えることに適します、/DIV>
レーザーの微調整する技術は抵抗が自動で精密なことを行って微調整することを指定することことができますに対して、精度は0.01%?0.002%に達することができて、、伝統の加工の方法の精度と効率より高くコストは低いです。レーザーは微調整して薄い膜の抵?0.01?0.6ミクロンが厚いで?と厚い膜の抵?20?50ミクロンが厚いで?の微調整、蓄電器の容量のを含んで微調整してとICの微調整を混合します、/DIV>
レーザーの記憶技術はレーザーを利用してビデオ、オーディオ、文字の資料とコンピュータの情報?種の技術を記録しにくるので、情報化の時代のが技術の1つを支えるのです、/DIV>
レーザーが線を引いて技術はICの肝心な技術を生産するので、それは線を引いて細いです、精度の高い(線の幅が15?25ミクロンです、溝きわめて5?200ミクロン)、加工速度の速い(200ミリメートル/秒に達することができます)、合格率?9.5%以上に達することができます、/DIV>
レーザーは技術の採用をきれいに洗って大いに減らして器具の部分品の微粒子の汚染を加工することができて、精密な器具の部分品の合格率を高めます、/DIV>
光と熱をたきつけて、処理の技術を表して含みます:レーザーは互いに硬化の技術、レーザーに変わって技術、レーザーの表面の合金にひっくり返って技術、レーザーの焼戻しの技術、レーザーが溶けて硬化の技術、レーザーに衝撃して電気めっきの技術、レーザーの上薬を塗る技術を強化することを包んで、これらの技術が材料の機械の性能、耐熱性とを変えることに対して腐蝕性などに耐えて重要な作用があります、/DIV>
レーザーが互いに硬化(つまりレーザーが焼き入れしま?に変わるのがレーザーの熱処理の中で一番早くて、最も多くて、進展を研究して最も速くて?番広?種の新しい技術を使用するので、と違い大多数の材料形の部品の不一致の部位に適用して、部品の摩擦に強さ性と疲労強度を高めることができて、少し国外の工業部のゴールキーパーのこの技術は保証の製品の品質の手段とします、/DIV>
レーザーが包むのは技術にひっくり返ります工業の中で広範な応用のレーザーの表面を獲得して性の技術の1つを直すので、とても良い経済的を持って、大いに製品のを高めて腐蝕性を抵抗することができます、/DIV>
レーザーの表面の合金が技術が溶けるのは材料の表面の局部が性の処理の新しい方法を直すので、未来潜在力の最大の表面を使用して性の技術の1つを直すので、適用するのが航空、宇宙飛行、兵器、核工業、自動車の制造業の中で改善しなければなりません摩擦に強いです、腐食に耐えます、高温に耐えられますなど性能の部品?nbsp;
レーザーの焼戻しの技術は半導体の加工?種の新しい技術で、効果の常規より熱い焼戻しはずっと良いです。レーザーの焼戻しの後で、不純物の率のために?8%?99%まで達することができて、多結晶シリコンの抵抗率を普通の加熱の焼戻し?/2?1/3まで(?下がることができて、また大いにICの集めてなる?度合)を高めることができて、電気回路の素子間の間隔?.5ミクロンまで縮小させます、/DIV>
レーザーは硬化の技術に衝撃して金属の材料の機械の性能を改善することができて、ひびの発生と拡大を阻止することができて、鋼、アルミニウム、チタンのなど合金の強さと硬度を高めて、其抗の疲労の性能を改善します、/DIV>
レーザーは電気めっきの技術を強化して金属の堆積のスピードを高めることができて、スピードはレーザーがありませんに比べて1000倍近く照射して、小型のスイッチ、精密機械の部品、小さい電子部品と大規模集積回路のが生産して修繕することに対して大きな意義があります。この技術を使って電気めっきのひとつの階の堅固さ?度合)?00?1000倍高まることができること、/DIV>
レーザーの上薬を塗る技術が材料について性を直してとても発展の前途があって、そのコストは低くて、制御しやすくて複製して、新しい材料を発展することに利益があります、/DIV>
レーザーは上薬を塗って火炎の吹付け塗装、プラズマの吹付け塗装、イオンの堆積などの技術を結び付けて、組織を制御して、表面を高めて摩擦に強くて、腐食の性能に耐えます方面にあります。レーザーは電子工業の中でも広範な応用を得ます。それで小型の器具の精密な加工を行うことができて、もろくて弱いですに対してばらばらな半導体の材料を交換して精密なことを行って切れを漕ぐことができて、同じく用いて小型の抵抗の抵抗値を調整することができます。レーザー発生装置の性能の改善と新型のレーザー発生装置の出現に従って、レーザーの大規模集積回路を超える方面の応用はすでに多くのその他の技術所の取って代わることができないかなめの技巧になって、大規模集積回路の発展を超えるために人を鼓舞させる将来性に現れ出ます、/DIV>
レーザーの技術はハイテクの産物で、その発生はまた科学研究の深い発展を推進して、そしてたくさんの新しい学科の領域を開拓しだして、例えば非線型の光学、レーザーのスペクトルは、レーザーの化学、レーザーの生物学などを学びます。レーザーは研究と生命の密接に関連する光合成、ヘモグロビン、DNAなどの構造に用いられます。レーザーは長さの新しい標準と時間になって、後でいかなる高い精度の時計と米の物差しはすべてある1の特定の波長のが光束をたきつけますで定めることができます、/DIV>
レーザーは原子力の応用の上でも大いに才能を発揮します。楽観的な専門家達は見積もって?020年まで強大なレーザーは安全な経済の熱核の核融合を生むことがで?あり?て、これらの恒星の内部のような核反応の過程。もし実現するならば、熱核の核融合は巨大で比類がない社会と経済効果を持ってきて、エネルギー危機は再度出現しません。あの時まで?杯の水の中の水素の核融合後で生んだ電力は1つの都市に足りて使います、/DIV>
 現在、レーザーの技術はすでに私達の日常生活の中を溶け込みました。未来の歳月の中で、レーザーは私達の更に多くの奇跡に持つことができます、/DIV>
会社紹介|最新ニュージ/a>  |技術支揳/a>  |人材募集|ご意覊/a>  |私達を連絡しまじ/a>
Copy ? 2007東莞市の潤すデジタル制御の設備有限会礽/a>        技術支揳www.10dg.com